肩こりcase25.2

今日は、なかなか良くならない肩こりのみなさんが思いもよらない原因についてお話していきましょう。この方(50代女性)は元々首や肩こり持ちの方でしたが、今週は特に肩が張って張ってどうしようもない辛さがあるため、ご来院されました。しっかりとお身体診させて頂きました^^。

 

 

甘いものや炭水化物の摂り過ぎで首・肩こりがひどくなる!?

 

 

お身体の検査をしていくと、たしかに首から肩は筋肉が張っており、特に左肩の筋緊張が強いのがわかりました。また全体的にチェックをしていくと、特に膵臓に負担がかかっており、同じく血糖値を調整する副腎にも機能低下が見られました。この場合、特に食べ物(甘いものや炭水化物による血糖値上昇)による影響が考えられます。血糖値が急激に上がるようなものを多く摂ることでインスリン(血糖値を下げるホルモン)を分泌する膵臓に負担がかかります。膵臓に関連する筋肉は背中の大きな筋肉でもあり、また肩を後ろや下にひいたりするような作用を持っています。膵臓疲労により、それらの筋肉に筋力低下が起こるとまさに肩は上に上がり、背中が張るのはもちろん首〜肩の筋肉の緊張を作り出します。

治療では、首や肩の筋肉や頸椎の関節に対する治療はもちろん、膵臓のリンパのポイントや血流のポイントなど膵臓の機能回復、そして副腎に対する治療を行ないました。また全身の背骨に対する治療も行なっています。治療後には、甘いものの摂取を控え、血糖値を緩やかに上げるような食事の摂り方についてアドバイスさせて頂きました。

 

 

今日のpoint

今回の肩こりの原因は、「甘いものや炭水化物の過剰摂取により、膵臓に負担がかかり、膵臓の関連筋が問題を起こしたこと」でした。

いわゆる肩こりと言っても、様々な原因があります。今回のケースは一見珍しいように思えるかもしれませんが、現代社会ではほとんどの方が糖質過剰な食生活になっていますので、決して珍しい事例ではありません。この方もお聞きすると、お菓子や菓子パンなど毎日のように甘いものの摂取をしているようで、ご自身でも自覚があるとのことでした。思い当たる方は是非一度当院でお身体チェックしてみませんか^^。

 

K.K.

 

 ——————————————————————————————————————–

カイロプラクティックは、薬は使わず手だけで身体の治療をするアメリカ生まれのヘル
スケアです。
みなさんに知られているような筋肉骨格系の治療はもちろん、カイロの中の一つの学問
アプライドキネシオロジーでは、自律神経や内臓、ホルモン、神経、栄養のアンバラン
スをチェックし、それに対する治療を行うことができます。
アメリカではまさしくプライマリーケアとして認められ、準医師として統合医療の一翼
を担っています。

カイロプラクティックケアを希望する方 CONTACT 

麻布十番のカイロプラクティック治療院 CHIROPRATICA

———————————————————————————————————————