頭蓋骨について|ガイコツの頭

 

大分長く続いている「骨シリーズ」ですが、今週をもってエンディングにしたいと思っています。

今日は頭蓋骨のお話です。
頭蓋骨(ずがいこつ)とはみなさん御存じのあの「ガイコツの頭部分」です。
医療関係者は「とうがい」と言うことが多いですね。

 
 

頭蓋骨はおよそ、22個の骨が組み合わさった状態で形作られていて、背骨の先端に乗っかっています。そして頭蓋骨は脳を守る脳頭蓋 cranial bones と顔を吊り上げる顔面頭蓋 facial bones の2組に分けられます。
脳頭蓋には脳を保護する役割以外に、内面には脳や血管、神経の位置を固定する膜(硬膜)が付き、外面には頭部を動かす筋が付くようになっています。
また顔面頭蓋は顔面の仕組みを作る以外に、消化器と呼吸器の入り口を保護し、補強する役割をもっており、顔面の表情を様々に変える働きのある筋が付くところにもなっています。

 
 
 
 
 

1分間に数回動いている頭蓋骨

 
 

この頭蓋骨ですが、実は動くものと言ったらビックリしますか?
ちょっと理解しがたいかもしれません。

お医者さんの中にも信じられない人はいるかもしれませんが、実は微妙に動いているのです。
このことについては様々な研究がされています。

 

カイロプラクターの Cottam が1895年、動物の死体で頭蓋骨を研究している時に、頭蓋の動きに疑問を持ち始めたことを皮切りに、Upledger は頭蓋の縫合(ギザギザした縫い目)に結合組織、神経線維、神経の受容器があることを発見し、Fryman らは頭蓋の数か所に変換器をつけ、頭蓋の動きを計測した結果、その動きは身体の他の動きには関係なく独立しており、1分間に10~14回の割合で動いていることを発見しました。

さらには Michael と Retzlaff は、麻酔をかけた猿の側頭骨にスクリュー式の変換器を固定し、呼吸数や心拍数のどちらにも一致しない1分間に5~7サイクルの変位を測定しました。
そして1899年に、有名なオステオパシーのドクター Sutherland は、頭蓋全体を締め付ける装置を作り、頭蓋全体の動きを止める実験を行いました。この実験により、頭蓋の動きが身体全体の障害に関連していることが分かりました。

ビックリしますよね。頭蓋骨は1分間に数回微妙に動いているんです。
そしてこの頭蓋の動きが身体の障害にも関連しているというから驚きです。

 
 

頭蓋骨の動きは、「骨のたわみ(生体の骨にみられる柔軟性)」と「縫合(頭蓋骨の間にみられるギザギザの縫い目)の動き」によって成り立っています。

腕の骨でも柔軟性があり、捻れたりすることが可能なので、もっと薄い頭蓋では更に柔軟性があると言えるでしょう。

 

また縫合の動きについては、これまた驚きな研究があります。

Giblin や Alley は外科的に縫合を固定すると成長障害が起こると仮定し、生後3週間の子犬の冠状縫合から骨を円形に切り取り、それを90度回転させたのです。その結果、新しい縫合が切れ目に沿ってできたといいます。

頭蓋に新しい縫合が出来たということは、脳には頭蓋の動きが必要ということを示しているとは思いませんか?

 
 
 
 
 

頭蓋骨の障害は、様々な症状とつながっている!?

 
 

実は、頭蓋骨の動きに問題が生じると脳神経に悪影響をおよぼし、様々な障害が起こることになるのです。

 

1.内臓器、腺、筋肉組織の障害
2.血流増加、高血圧、頻脈、徐脈、おう吐、震え、過緊張、神経過敏、自律神経失調
3.月経困難症、食後の膨満感、神経錯乱
4.軽減しない頭痛、集中力の低下、眼の疲れ、眠りが浅い

などなど・・・

 

さてではどのようなことが原因で頭蓋骨に変位が生じるのでしょう。

原因としては・・・頭部外傷、睡眠時の不良姿勢、横向きになっての読書または頬杖、出産時の外傷、哺乳瓶の乳首部分が大きい、むち打ち、不正咬合、抜歯を始めとする歯科治療、歩行、習慣性のパターン、足の関節機能異常、頚部筋群のバランスが悪い などなど・・・

みなさん、思い当たるところありませんか?

 
 

カイロプラクティックの中でもアプライドキネシオロジーのドクターは頭蓋骨の治療を行います。
私の先生でもある Dr portelli は頭蓋治療で生理周期がないような人の改善や幻肢痛や痛みの除去ができたと言っており、私も頭蓋治療で患者さんの様々な症状を取り除くことができるようになりました。

「がいこつの頭部分」実はあなどれない存在なんですね^^

 

 

Written by

小菅一憲

Bachelor of Applied Science
Bachelor of Chiropractic Science
AK Practitioner

国際基準のカイロプラクター
アプライドキネシオロジスト
健康栄養指導士
野菜ソムリエ
 
私は・・・
原因のわからない不調に悩んでいる人を助けたい。
本当に健康になった時の素晴らしさを実感してもらいたい。
食と栄養についての正しい情報を発信し、未来の元気な子供につなげたい。

そんな想いから、治療院運営とblogでの情報発信を行っています。

 profile 

詳しいプロフィールはこちら^^。

 


Where is Clinic?

CHIROPRATICA

副腎疲労専門カイロプラクティック
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102
03-6809-6155
最寄り駅:都営大江戸線 or 南北線 麻布十番駅(徒歩1分)

 http://chiro10.jp/ 

クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

 


Contact us

カイロプラクティックケアを希望する方
何かわからない不調で悩んでいる方
副腎疲労の症状に当てはまる方
食事や栄養の相談がしたい方
などなど・・・
 

当院には病院に行っても、良くならない不調を抱えた方がたくさんいらっしゃいます。
お身体を見れば、その方の問題が筋肉骨格系から起こっているのか栄養のアンバランスから起こっているのかすぐにわかります。
みなさまが本当に健康的で幸せな毎日が送れるように、健康のプロフェッショナルとして、質の高い治療を提供します。

 

初めてのご予約はこちらより↓

 未来の患者さま

是非、お気軽にご相談くださいね。

 


What is Chiropractic?

カイロプラクティックは、薬は使わず手だけで身体の治療をするアメリカ生まれのヘルスケアです。
みなさんに知られているような筋肉骨格系の治療はもちろん、カイロプラクティックの中の一つの学問アプライドキネシオロジー (AK)では、自律神経や内臓、ホルモン、神経、栄養のアンバランスをチェックし、それに対する治療を行うことができます。
アメリカではまさしくプライマリーケアとして認められ、準医師として統合医療の一翼を担っています。

 
カイロプラティカは、日本では唯一の副腎疲労専門カイロプラクティックです。
また、患者さまのお身体に合わせた正しい栄養療法を行うことが出来る数少ないクリニックです。
アメリカやオーストラリアのAKのオフィスでは、サプリメントを使った栄養サポートは日常的に行われており、当院でもAKを使って身体の状態をチェックし、どの内臓器が弱っているか、どういった栄養素が必要であるかを判断することで、カイロプラクティック治療はもちろん、原因に沿った栄養指導を行っています。

 
Thank you for reading to the end.