生活習慣病|海辺をランニングしている体格の良い男性

 

今日はカイロプラクターのDr Maffetone(マフェトン)が提唱する「脂肪を燃焼する運動」についてお話していきましょう。

 
 
 
 
 

エアロビック筋とアネロビック筋の違い!?

 
 

私たちの身体の筋肉はエアロビック筋とアネロビック筋の2種類の筋繊維で構成されています。

エアロビック筋とは、遅筋とも呼ばれる赤味を帯びた筋肉で、収縮の速度は遅いけれど持久能力が高いという性質を持っています。
この筋肉を動かす時にエネルギーとして使われるのは、体内にある脂肪。エアロビック筋を使うエアロビック運動に痩せる効果があるといわれているのはこのためです。
もちろん、体脂肪燃焼に効果的であるばかりか、エアロビック筋を鍛えることにより、長時間に渡って運動できる能力のレベルアップも期待できます。というのも、この筋肉を動かす燃料の脂肪は、体内に実に豊富にあるからです。

そればかりではありません。エアロビック筋を鍛えれば、体内貯蔵量が限られている糖質を節約できます。
その結果、血糖値が安定し、集中力も増してきます。糖質は脳の唯一のエネルギー源。運動に使われれば、それだけ脳の使う分が少なくなりますが、エアロビック運動では糖質を節約できるので、その分は脳にまわされ、脳は潤沢なエネルギーを得て、元気にフル活動できます。

また糖質の節約により血糖値が安定すれば、常に空腹を感じるようなこともなく、過食も防ぐことが可能なので、生活習慣病には最適ですね。
また空腹感とともに覚えるイライラも少なくなります。

 
 

逆にもう一つの速筋と呼ばれるアネロビック筋は、エアロビック筋に比べて収縮が早く、筋繊維が太いために一気に強いパワーが出るのが特徴です。
息をする間もなく短時間に瞬発力を出すことができるので、たとえば、重いものを持ち上げたり、全力疾走をするときなどに威力を発揮する筋肉です。

前述のエアロビック筋が、脂肪をエネルギーとして使うのに対し、こちらのアネロビック筋は主に糖質を使うのも大きな特徴です。

 

このため、脂肪を燃焼するのに最適なのはエアロビック筋(遅筋)使った運動をすることがベストなんですね^^。

 
 
 

ではどのように運動すればよいのでしょう。

 
 
 
 
 

マフェトンが提唱する180公式の脂肪燃焼運動

 
 

エアロビック運動の代表的なものとしては、ウォーキングやジョギングが挙げられます。しかし、これらの運動が、いつでも誰にとってもエアロビック運動になるとは限りません。
エアロビック運動とは、比較的強度の低い運動を指しますが、たとえば、ジョギングするのに、同じ距離を同じペースで走っても、ある人にとっては楽勝、しかし、別の人にとっては非常に強い強度になる場合も十分に考えられます。

 
 
 

そこで何を指標にするかというと、Maffetoneは心拍数を正確に把握しながらトレーニングすることを勧めています。

 

<エアロビック運動の最大心拍数の決め方(180公式)>

 

A:2年以上の間、順調にトレーニングができており、競技の成績が伸びている
  →  180-年齢+5

B:過去2年間、風邪をひいたのは1、2度で、大きな問題もなくトレーニングできている
  →  180-年齢

C:競技が伸び悩んでいて、よく風邪をひいたり、故障やケガを繰り返している
  →  180-年齢-5

D:病気にかかっていたり、治ったばかり、手術したばかり、退院したばかり、投薬中
  →  180-年齢-10以上

 

この方式から得られる数値は、呼吸商(消費された酸素と身体から排出された二酸化炭素の割合を測ったもの)から測定して割り出す場合とほぼ同じ数値となるので、信頼できる指標として用いることができます。

ちょうどここで求めた心拍数が、みなさんのエアロビック運動とアネロビック運動の境界線となる心拍数なので、脂肪を燃焼するエアロビック運動を行うのには、この心拍数以下で行えばよいというわけです。

 
 

ただこの運動を行うには、心拍数を正確に測ることができるハートレートモニターが必需品です。
感覚だけに頼ったりしているとストレスの強いアネロビック運動になってしまうことが多いのです。

みなさんも思い立って、ハートレートモ二ターをゲットし、脂肪を燃やし、エネルギー効率の良い身体作りを始めてみてはいかがでしょう?

 

これで生活習慣病ともおさらばですね!^^

◎動脈硬化の恐れがある人は急にランニングで負荷をあげない方が良いでしょう。ウォーキングから始め、徐々に運動量を増やしていきましょう。

(「マフェトン理論」 Dr fillip maffetone 引用)

 
 

今回で「生活習慣病」のテーマは終了です。
なにかご質問があれば、下記の Contact us から気軽に聞いてくださいね。

 

 

Written by

小菅一憲

Bachelor of Applied Science
Bachelor of Chiropractic Science
AK Practitioner

国際基準のカイロプラクター
アプライドキネシオロジスト
健康栄養指導士
野菜ソムリエ
 
私は・・・
原因のわからない不調に悩んでいる人を助けたい。
本当に健康になった時の素晴らしさを実感してもらいたい。
食と栄養についての正しい情報を発信し、未来の元気な子供につなげたい。

そんな想いから、治療院運営とblogでの情報発信を行っています。

 profile 

詳しいプロフィールはこちら^^。

 


Where is Clinic?

CHIROPRATICA

副腎疲労専門カイロプラクティック
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102
03-6809-6155
最寄り駅:都営大江戸線 or 南北線 麻布十番駅(徒歩1分)

 http://chiro10.jp/ 

クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

 


Contact us

カイロプラクティックケアを希望する方
何かわからない不調で悩んでいる方
副腎疲労の症状に当てはまる方
食事や栄養の相談がしたい方
などなど・・・
 

当院には病院に行っても、良くならない不調を抱えた方がたくさんいらっしゃいます。
お身体を見れば、その方の問題が筋肉骨格系から起こっているのか栄養のアンバランスから起こっているのかすぐにわかります。
みなさまが本当に健康的で幸せな毎日が送れるように、健康のプロフェッショナルとして、質の高い治療を提供します。

 

初めてのご予約はこちらより↓

 未来の患者さま

是非、お気軽にご相談くださいね。

 


What is Chiropractic?

カイロプラクティックは、薬は使わず手だけで身体の治療をするアメリカ生まれのヘルスケアです。
みなさんに知られているような筋肉骨格系の治療はもちろん、カイロプラクティックの中の一つの学問アプライドキネシオロジー (AK)では、自律神経や内臓、ホルモン、神経、栄養のアンバランスをチェックし、それに対する治療を行うことができます。
アメリカではまさしくプライマリーケアとして認められ、準医師として統合医療の一翼を担っています。

 
カイロプラティカは、日本では唯一の副腎疲労専門カイロプラクティックです。
また、患者さまのお身体に合わせた正しい栄養療法を行うことが出来る数少ないクリニックです。
アメリカやオーストラリアのAKのオフィスでは、サプリメントを使った栄養サポートは日常的に行われており、当院でもAKを使って身体の状態をチェックし、どの内臓器が弱っているか、どういった栄養素が必要であるかを判断することで、カイロプラクティック治療はもちろん、原因に沿った栄養指導を行っています。

 
Thank you for reading to the end.